スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嫁候補が

2009年02月23日 14:39

何を伝えるために会いに行くのかがわからなくなってて
自分の頭の悪さを呪う時の不定期雑記。

最近バタバタしてたのでモツ鍋を一気読みしたんですが
緊迫した展開に思考がいっぱいいっぱいになってしまい…。
でもそのぶん先生が彼女に何を言わせるのかがすごく楽しみではあるんですが。
私みたいな子は展開を待ってから
「そうだったのか…!」とか思う方がいいのかもしれませんw
先生もきっとまた神掛かったセリフをお書きになるに違いない!

以下、相変わらず役に立たない妄想を辿るだけの考察です↓

とりあえず今は、コルゴンは魔王を殺すことが、
クリーオウはそれを阻止して魔王と対面することが目的。
ゴンがそうするのは、彼がエージェントで、そう依頼を受けたから。
じゃあクリーオウはなんで?

という訳で、まずなんで追うことを決めたのか?という所から考えると
やっぱり彼女にとってのオーフェンの存在 という結論に行き着きます。
後日談を読んで、王都にいる間にいくらか2人は会って話したことが伺えますが
それを踏まえると『扉』下巻の別れはすごく唐突。
以前の彼女なら「置いて行くなんて許さないわ!」なノリで
オーフェンを追ってたけど今回はそうじゃない。

絶望して、銃を向けて、それでも味方でいてくれて
別れ際にレキとおぼしきものを見つけて
扉を開いて外へ踏み出すことを教えてくれた相手に対して
もっと傍にいたいと思う気持ちが生まれたんじゃないかと思います。
世界の秩序を変えた魔王は、世界を混乱させる力だけじゃなく安定させる力もある
(でもたぶんその「力」は同一のもので、使いようによるものかと)
という希望を大衆に伝えたい気持ちもあるんだろうけど、
何よりクリーオウにとって魔王さまの存在が希望なんだろうなー
超妄想フィルターかかってるけど気にしないw

あ、じゃあもしかして彼自身に魔王の力は希望になり得ることを伝えるのかな(今気付きました
クリがいつからサンクタムや新大陸計画のことを知ったのか、それも気になるところです。
それによって変化していく彼女の心が気になる!
たぶんそれらを知って行く過程で
ますますオーフェンに会いたい、会わなきゃと思っただろうし、
魔王の「全て無かったことにしたい」気持ちと
クリの「魔王も希望になり得る」という相反する気持ちが
ぐんぐん高まって行ったんじゃないかと。
お互いがお互いの希望…素敵ですね(うっとり)



最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。