スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

演奏会記

2015年05月22日 23:49

前回書いたように、5月の頭からカントー地方にお邪魔してきました。サイトに遊びに来てくださってる方や、ついったでのフォロワーさんにもたくさんたくさんお会いできて、本当に楽しい時間を過ごせました。ありがとうございます!

そういった方に会うのはもちろんですが、今回の遠征の主な目的は「ゲーム音楽のコンサートで生音を聴きまくる」だったので、足を運んだ演奏会の中から初日・2日目に行ったものについてしたためておこうと思います。
身内からのエゴサーチが怖いので(やっぱり二次創作を見られるのはまだ抵抗が…)、具体的なコンサートタイトルは明記しませんw が、主にFF6について書いております。ロクセリ的に問題も起きました。
あ、あと開演前に植松さんにお会いしてサインを頂きました。初めてお話しした…死んだ。

非常に長いですが、興味のある方は追記からどうぞ。


[演奏会記]の続きを読む

もう少しお待ちください

2015年04月30日 15:12

そろそろ更新できたらいいなと思っていたところなんですが、少しバタバタしてできずじまいのまま5月を迎えそうです。すみませんがもう少しお待ちいただけると嬉しいです。

さてさて、明日から久しぶりにカントーへ行って参ります。ちょうどフィギュアのまちださんが出演されるアイスショーもあるんですが、予定が合わずにあえなく断念しました…4月分の公演の写真を見てると本当に天使というか妖精というか…本当に見たかったです…まちださん自ら振り付け…
アイスショーには行けませんが、他にも楽しみな予定がたくさんあるので今からうきうきしております。楽しんできたいと思います!

カラオケに行ったんですよ

2015年02月24日 00:09

予想通り2月の最期が近づいてきています…今月中の更新は無理かなあと思うんですが思ったことをひとつ。

好きなキャラやカップリングのイメソンというか、曲を聞いて「○○っぽい!」と思うことは往々にしてあるんですが、以前とあるカプについてイメソンを聞かれた時に「考えたことがない」としか答えられなくて。いや本当に今までに一度も考えたことがなかったのでそれ以外に答えようがないんですが…まぁお察しの通りムスアグのことなんですが…
それに対して、同じく私が比較的長く考えたり描いたりしてるロクセリは、どんどんそういった楽曲に出会うんですよね。多分ロクセリは原作中での接点も多い…というか、ロックとセリスというキャラ単体を見ても二人がどう関わっていくかで人物そのものの変化や成長が起こるので、「このふたりがどんな関係か」が抽象的でも浮かびやすいからなんじゃないかなと思います。一方でムスアグは接点も少なければPS版とPSP版のキャラぶれが激しくて何が何だかなんで…。接点が多ければ考察が捗って、少なければ想像が膨らむわけですねー。

ムスアグもどの時点でどう進展するかや二人の力関係に色んなバリエーション持たせて考えてますが(だからこそ合う曲が無い)、ロクセリも物語中で近付いたり離れたりしてますし、いつ思いが通じたかうっかり関係を持ってしまったことがあったりなかったりと掘り下げる要素は多いので、イメージソングも多ければ自分で書いてる話同士にも繋がりは全然無いです。ロクセリもムスアグも「こーゆーこともあるかもね」って程度で。

ところでFFサーチからエドティナ検索でいらっしゃる方が結構多くて…6を初めてやった時からずっと好きなふたりなんですが、実はあんまりお話を書いたことがない+脱オタとかしてたら他の方のエドティナを見る機会をことごとく逃してしまって自分の妄想にバリエーションがないので、申し訳ないと思いつつ…オウサマとの関係だし考えるのが結構難しく感じるんですが、こういう時に他の方の作品や妄想の吐き出しを見るととてもいい刺激になるんですよね…。もちろんロクセリムスアグ然り。

それはさておき本題はロクセリのイメージソングのことだったんですが、数年前からスピッツの「つぐみ」がいいなぁとずっと思ってます。「愛してる」という気持ちを言わなくちゃ、という趣旨のフレーズが何度も出てくるんですが、そこがセリスを困らせたり振り回したり曖昧な態度をとってしまったりしたことから来る想いとも考えられるし、この曲は爽やかな愛情を歌ってますが私は崩壊後に仲間と合流する前のロックのイメージだなと思ってます。

ロックはレイチェルを失って絶望もすれば荒れた時期もあるだろうし(サウスフィガロで商人から「悪名名高い」と言われているので、レイチェル関係でなくても父親やばあちゃんを亡くした時でも)、トレジャーハンターという職業上毎日の生活が保証されているわけではないので(副業もしただろうけど性格的に本業を重視したがりそう)、食べていくのがやっと・生きるか飢えるかの日を送ったこともあったかもしれません。でも、その頃はどんなに荒れていても「明日も生きている」ことが前提であって、最悪他人から奪えば食いつなぐことは出来たわけです。
でも世界が崩壊して、世界そのものが死んでしまえば、大切な人だけでなく自分もすぐに死ぬかもしれない。実は世界が崩壊するまで、「自分が死ぬ」ことを考えたことがあまり無かったのではないかと思います。レイチェルが自分を庇って谷底へ落ちた時も「自分が落ちれば良かった」ではなく、「(レイチェルの死も含めて)守ってやれなかった」なので、自分が生きていることが常に前提にあり続けた人物だったのでは。
ところが空も大地も海も裂けて死んでしまって、自分がまずどう食いつなぐかすらわからなくなる世界に放り出されて、「この命 明日には尽きるかも」ということに気付いたからこそ「言わなくちゃ」と強く思うようになる。そんな彼の姿が浮かんでくるようで…うっうっマサムネさんありがとう…
タイトルは「つぐみ」、歌詞の中にも「広い海を渡っていく、鳥のような心」という趣旨の一節があるんですが。実際にロックが手当てをした小鳥が飛んで、小鳥が海を渡るような大らかで力強い想いで「愛していることを言わなくちゃ」と強く決心した頃、セリスは孤島で身を投げているのですよ…

「つぐみ」はPVに出てくるつぐみの絵も鮮やかな青とオレンジがかった黄色で大変滾りますね…そしてマサムネさんいつまで経っても若すぎて天使か…。イメソンは痛々しいと言われてもなかなかやめられないものです。ロクセリに限らず、イメージ曲があったらどんどん教えていただきたい所存です…!またカラオケでイメソン歌いまくって全員で苦しむオフ会がしたい。

新年のご挨拶

2015年01月14日 02:58

新年もなにも正月三が日どころか七草も成人の日も過ぎとるやないか!と言われても私が新年のご挨拶をするまでが新年です。嘘です。

旧年中は大変お世話になりました。本年もどうぞよろしくお願いします。

サイトは変わらずぼちぼちとやっていきたいと思っています。今少しずつ書いてるものもあるので、近いうちに出せたらいいなと考えてます。また今年もお付き合いいただけたら幸いですー。

年が明けると絶対に体調がおかしくなるんですが、今年は首と肩までおかしくなってしまってどーしたものやら。整骨院で姿勢についてアドバイスを貰って気を付けてはいるんですが、枕に違和感を覚えて枕無しで寝てたらびっくりするくらいに首と肩が痛くなりました。枕無しは初めてじゃなかったのに!マクラナンデマクラ!!私が知ってる寝違えと違う気もするし早く病院に行きたいんですが、これだと車の運転も危ういのでは…と思って和らぐのを待ってます。厄年じゃないのに毎年が厄年みたいな人生を今まで送ってきてるので、今年こそはこの首肩で一気に被ったのだと思いたい…。

俺が寝るまでが12月21日だ

2014年12月22日 01:03

そうですまだ21日です(震え声)

そんなわけでゴス20周年絵描きました。最後のゴス絵アップしたのが安岡さんご結婚のあたりだというのはわかってたので、何としても描かねばと思っていたんですが(その後のきたまやさんもその頃に描いた…かな…?)、カラーをアップしたのが2005年を最後に途切れてたという衝撃の事実が容赦なく私を襲いましたつらい
カラーに限らず、普段の絵を描く頻度が下がるとやっぱりイメージ通りに描けなくなりますね。描いてるうちにストレスが溜まってきてそれとは別にイメージ通りに描けなくてストレスが溜まって集中力が切れるという悪循環…。せっかくの特別な日に全部納得がいくものにならなかったし、Web用のサイズにすると潰れてしまう部分が多い(無料プランだと1MB超えのファイルがアップできない)のは残念ですが、描くことができて良かったです。ゴスペラーズデビュー20周年おめでとうございます!!今後は本番に備えてきちんと練習しておきたい所存…。

前の記事で書いてたロクセリについても、だいたい書き終わったので数日中にまた更新できると思います。年内の更新は多分それが最後になるかな…。あっ、あとまだオーフェン後日談買えてませんごめんなさい…早く読みたいです…。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。